初めて練習場に入りました

| トラックバック(0)

ボランティアで指導している中学生たちが参加した先日の卓球大会が終わってから 本日初めて練習場に入りました。

引っ越しの件で倉敷の不動産を回ってから帰宅する途中、既に電気が付いているのが見えたのです。来月に控えた次の大会に向けて みんなの表情もいつもより真剣に感じました。

練習中の中学1年生が『ラバーを張り替えた』と話しかけてきます。

ご存知の方も多いと思いますが 卓球にはさまざまな戦法があり 仮に同じラバーを貼ったとしても その厚さが異なるだけで戦術が変わるのです。
それこそ星の数ほどの得点方法があって それが全てこのスポーツの魅力につながってきました。

先日の3位入賞した選手と同じ戦法のラバーを貼ってきたその1年生は『これからバシバシ打っていきたいです☆』と意気込みを語ります。"勝つこと"に対するそのひたむきな姿勢に感動した私は 最近[安全策]を取り始めている 自分の態度を省みる機会となりました。

何においてもめっきり挑戦するということが少なくなり 近道を探すために模索している自分がいることに気が付きます。

まだまだやれるはずだと教えているはずの 中学生に教えられました。

顧客から貰った甘柿をほおばりながら しみじみと秋を感じてセンチメンタルな気持ちになる予定でしたが(笑)、冬はもう すぐそこまで来ています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.whimsiology.com/mt-tb.cgi/356

このブログ記事について

このページは、shiorogiが2014年10月 6日 14:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気分で 洗車した」です。

次のブログ記事は「自主的に自宅待機」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。