武田神社での奉納演武を見学。

| トラックバック(0)

朝から地元の舞鶴公園で全剣連関係の団体による演武会が行われた。

開会式で一番後ろに並んでいると前にいた夢想神伝流の責任者の先生が「先生はどこの団体ですか?」「先生は演武の時、K先生とM先生の間に並んでください」などとしきりに言ってるのでいったい誰に言っているのかはじめわからなかったが、どうやら自分に言ってるのだと気付いた。

なぜたかだか三段の自分を先生呼ばわりするのか疑問だったが、黙っていてエラそうに見えたのだろうか?

何度か審査や大会、講習会で顔を見ているのだと思うがここへきて先生と呼ばれた意味がよくわからない。w

もちろん「僕は先生ではありませんよ」とことわりを入れた。

さて居合の部は一番目の剣道の定形型の次だった。

とくに記述するようなことはない。強いて言えば自分の剣の碑の音がせず、未熟を再認識したくらいだ。

写真は剣道の少年部。風船を頭につけて赤組白組に分かれて合戦をした。

楽しそう。w

閉会式での結果を聞くと両者引き分けとのことだったが、子供たちはいつも引き分けだとボヤいていた。w

学生の薙刀も女子十二楽坊の曲に合わせて創作型をやっていて華やかだった。

空いた時間そのへんをウロウロした。

去年はサルまわしや地元のゆるキャラのひこにゃんがいたが今年はそのあたり削られていた。

帰りに持たされた弁当もおにぎり弁当で去年よりこれも経費が削られていた。

今年は情報が降りてくるのも遅く、いろいろと県連の中で変化があるようだ。

帰りはお好み焼き串を買って帰宅。

で、午後は武田神社での奉納演武を見学。

大東流や北辰一刀流を見た。

武術三昧の一日でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.whimsiology.com/mt-tb.cgi/496

このブログ記事について

このページは、shiorogiが2015年4月 6日 13:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生憎の天気」です。

次のブログ記事は「久々...キタ──(゜∀゜)──!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。